初心者はどのようにカリンバを選ぶのですか? GECKO

アフリカ出身のカリンバは、体の薄切りを親指で重ねてメロディーを奏でる楽器です。音がクリアでメロディアスなため、体は小さくて持ち運びが簡単で使いやすいので、初心者の方はどうすればいいですか?カリンバ学習?ここで、ヤモリカリンバ が質問に答えます。

範囲

主流のカリンバは10鍵と17鍵カリンバですが、17鍵カリンバは10鍵カリンバよりも豊かで表現力豊かです.17鍵カリンバの音階は2オクターブをカバーし、最も人気のある曲を演奏できます。本当に好きですが、10音ピアノが弾けないので興味が大幅に減り、勉強する意欲が失われます。

 カリンバフィンガーピアノ

カリンバフィンガーピアノ

タイプ(ボックス/プレート)

ボックスタイプのピアノ:サウンドボックスを使用すると、音が厚く、共鳴が強く、中低音が強くなります。前面または背面にサウンドホールがあり、ワウ音を出したり、打楽器として機能したりできます。

Banqin:木全体として、音はよりバランスが取れて共晶的で、高音域で強力なパフォーマンスを発揮します。ボディはボックスタイプよりも薄くなっています。

ボックスタイプとプレートタイプの秦は音と感触だけで、良い点も悪い点もありません。それぞれの好みに応じて選択できます。2台のピアノの音色の特徴をよりよく理解するには、この比較ビデオをチェックしてください。

材料

親指の鍵盤のスタイルによって違いはほとんどありません。親指楽器の音色を決定する重要な要素はピアノの本体であり、ピアノの価値にも影響します。一般的な素材はアクリル酸と木材です。アクリルピアノは木琴は赤いサンダルウッド、アカシア材、マホガニー材、竹などに分けられ、低音で重量感があり、プレートピアノに近い木材です。4-スタイルの推奨。

サムフィドルはとても軽くて小さいので、楽器ではなくおもちゃと間違える人が多いです。楽器を作るには高品質の素材と技量が必要で、ラフな楽器を作ることはしばしばファイヤースティックと呼ばれます。

最高のカリンバ

最高のカリンバ

トーチの購入は強くお勧めしません:

1.炎は取り返しのつかないおしゃべりの可能性が高くなります。

2.ボタンの感触が悪く、火が燃えると非常に苦痛になり、学習意欲に深刻な影響を及ぼします。

3.トーンが悪い。

上記はGECKOKalimbaによって照合され、公開されています。kalimbaについて詳しく知りたい場合は、「gecko-kalimba.com

gecko kalimbaのビデオ:

ニュースをもっと読む


投稿時間:2021年4月9日
WhatsApp Online Chat!